So-net無料ブログ作成
検索選択

ダンジョン飯 5巻 32話 ネタバレ感想 ライオスたちを追うカブルーの正体とは!?

ダンジョン飯 5巻に掲載される32話では
ライオスたちを追いかけるカブルーが登場!

深い霧の中、斧を持った魚人に襲われるカブルー。

短剣を片手に魚人たちと対峙するカブルーは
あることに気づき窮地を乗り切る。

果たしてカブルーの正体とは!?

ダンジョン飯 32話シーサーペイント前編を
最新ハルタ42号からあらすじとネタバレ感想をまとめました!

ダンジョン飯31話を読まれてない方はこちらからご覧頂けます。

⇒ダンジョン飯 5巻31話ネタバレ感想



スポンサーリンク









ダンジョン飯 5巻 32話 あらすじネタバレ

カブルーと魚人たちの正体とは!?

迷宮でライオス一行を追いかけるカブルーたち。

カブルーの正体はライオスたちのライバル
迷宮探索隊と呼ばれるパーティー戦士のリーダーだった!

カブルーたちは地下4階で全滅してしまい
タンスの蘇生術によって一命を取り留めたのだった。

タンス『意識ははっきりしたか?
    身体に違和感はないか?
    支障はなさそうだな……』

カブルーに話を続けるタンス。

タンス『血が足りなかったからヤギの血を使ったが
    万全ではない。一度街へ引き返すことだな
    水上で死んでいたら今頃魚の餌だ……』

そう言ってタンスはカブルーに諭し
蘇生料としてヤギ代を要求して
護衛士のナマリとともに去っていく。

パーティーたちが持ち物を確認すると食料が無くなっていた。

ミックベル『ふざけやがって』

ホルム『金には手を付けずに食料だけ?』

ダイア『手持ちが尽きたとか』

リン『ムカつく…………………
  絶対とっちめてやらなきゃ』

ミックベルから今後の事を尋ねられ口を開くカブルー。

カブルー『勉強不足だったと認めよう
     あの人たちに言われた通り
     命があるだけありがたいと思わなきゃ』

ホルムとダイアがカブルーに従い
リンも犯人探しを諦めない条件で納得する。

クロはミックベルに従うと告げて
カブルーたちは地上を目指すのだった。

深い霧の中、異変を感じたカブルーは
仲間たちに伝えようとするが見当たらない。

カブルーは魔物の気配を感じ剣を抜き去り待ち構える。

すると斧を持った大勢の魚人たちが近づいて来た。

カブルー(魚人……!? いつの間にこんな数!
     くそっ……やるしか…………)

魚人は腹をくくったカブルーに襲いかかる。

オオオ━━━━━━ァア

カブル-は魚人たちの斧を短剣で受け止めながら
冷静に考え心の中でささやく…………。

カブルー(このなぎ払うような斧の使い方……
     この振るい方を俺はよく知っている
     そうだ これは ガッ━━ド ボォ━━)

剣を捨て魚人に体当たりして囁くカブルー……。

カブルー『し━━ッ 大丈夫…………
     落ち着いて ダイア 俺だよ』

そう言ってカブルーは残りの魚人たちを見て確信する。

カブルー(そうだ この霧は幻覚魔法だ…………
     武器を抜いたまま戸惑ってるのはクロだな
     においで仲間だと気づいている…………)

心の中で言葉を継ぐカブルー。

カブルー(あっちの ぼ―――っとしたのがホルムか
     一度に色んなことが起こると固まる癖がある
     さっき 逃げ出したのがミックだろう)

幻覚魔法を見破っていくカブルーが
詠唱中の魚人を捕まえキスで口をふさぐ……。

カブルー『リンシャ わかるだろ これは幻覚だ
    (魔物の姿なのが惜しいな…………)』

リンシャにつぶやくカブルーは
幻術の霧を止めるため術者の魚人に狙いを定める。

突進して一気に仕留めようとするカブルーに
背後から降参するとの声が聞こえて来た。

その瞬間にリンシャたちも元の姿に戻っていた。

カブルーに襲いかかる魚人たちの正体は仲間たちだった。



スポンサーリンク








幻覚魔法でカブルーの仲間たちを操っていた黒幕の正体と最期

リンシャとダイアが顔を見て上で出会った
死体回収屋だと声を上げる。

幻覚魔法でカブルーの仲間たちを
操っていた黒幕の正体は死体回収屋のボスだったのだ!

カブルーは後をつけて来た死体回収屋の目的を
ダイアたちに淡々と説明し始める。

カブルー『より深い層で死体を拾ったほうが
     儲かるんだよ。島からの補助金で』

更にカブルーは話を継いでいく。

カブルー『俺達は盗まれた戦利品を取り戻す為に
     分不相応な階層へと踏み込んだ
     後はゆっくり追いかければ
     より儲かる死体のできあがり』

そしてカブルーは死体回収屋が仕組んだ罠を解いた。

カブルー『見つけた頃に俺たちは蘇生されていた
     焦ったあなたたちは強硬手段として
     幻覚魔法で俺たちに殺し合いをさせた』

そう言い終わるとカブルーは死体回収屋のボスに
冒険者同士の窃盗や交戦は重罪だと述べる。

そのうえで島主に報告すると告げた。

ボスはカブルーに伸びてる仲間を蘇生所に運び
金を七三分けの取引を持ちかけカブルーは承諾する。

カブルーは気絶しているボスの仲間に近づき
刺し殺そうと思わせておいてボスと護衛たちを始末した。

回想シーンが終わりカブルーはリンシャに口を開く。

カブルー『さっきは ごめんね
     とっさに あんなことしかできなくて』

リンシャは魚人の姿でカブルーに
唇を奪われたことを思い出してしまう。

腹を立てるリンシャは興味がないと言い放つ。

カブルーはリンシャに住民を苦しめ
集落を荒廃させていく魔物たちを葬り去る為に
はやく迷宮の呪いを解かなければならないと言い切る。

リンシャがうなずき、ミックが金目の物を持ってくるが
カブルーは食糧だけ頂いて他の物は水に沈めろと言い放つ。

そのうえで反対する仲間たちに対し
手を付ければ死体回収屋たちと一緒だろうと諭す。

おなかが減るったカブルーたちは食事の準備にかかる……。

⇒ダンジョン飯 33話に続く……。


ダンジョン飯 5巻 32話 感想
ライオスたちのライバル一行として32話に再登場したカブルー。

カブルーのパーティーは全員で6人います。

リーダーのカブルーはライオスと同じトールマンで戦士。

リンシャもトールマンだけど
詠唱が出来て杖を持っていたのでマルシルと同じキャラかなっ。

ミックベルはハーフフットで、チルチャックと同じ鍵師。

ホルムはノームの魔法使いでファリンのようなキャラ。

ダイアは斧を使ってるのでセンシと同じドワーフ。

クロはコボルトで剣士でしょうね。

このように考えていくとライオス一行と同じキャラですので
紛らわしいため違うキャラにしてほしかったかなっ。

ドライアドを倒した31話からの続きだから
てっきりライオス一行が登場すると思っていたので
カブルーたちが描かれていて正直ビックリしました。

今回の32話シーサーペイントは前編で次回の33話は後編ですので
ライオス一行の登場は34話に持ち越されるかもですね。


スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダンジョン飯 目次バナー画像.png
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください
画像の説明文を入れてください

スポンサー広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。